【公式】'47(フォーティーセブン)

Brand Story'47とは

’47のはじまり

’47のストーリーは、イタリアからアメリカへ渡ってきたアーサーとヘンリーという双子の少年によって始まります。
全く英語が話せなかった2人が最初に覚えた英語は、2セント。これは彼らがボストンレッドソックスの本拠地・フェンウェイパーク周辺で生活費を稼ぐために販売していた新聞の値段です。

1947年、2人はその当時あまり普及していなかったペナントなどの野球グッズを販売し始め、それは多くの野球ファンを熱狂させました。 その年号を略し名づけられた「’47」。
’47のビジネスは、ここからスタートしたのです。

’47とボストン・レッドソックス

1938年、当時12歳だった双子のアーサーとヘンリーがアメリカに渡って以来ずっと過ごしてきた場所は、ボストンレッドソックスの本拠地である「フェンウェイ・パーク」。
そして時は経ち、アーサーの4人の息子達も、物心がついた時から、気付けばフェンウェイ・パークが彼らにとって、仕事場であり、家であり、学校となっていたのです。
そんなディアンジェロ一族にとって、「ボストン・レッドソックス」は特別なチームであり、切っても切り離せない関係。
これまで培ってきた功績が認められ、2018年にアーサーはレッドソックスの殿堂の一員になりました。

家族

’47の創業者である父アーサーを中心に、右から、ボビー、デイビッド、マーク、スティーブンの4人の息子達が囲んでいる写真。
’47には、いつも家族の存在がありました。
家族全員で情熱をもって仕事に取り組んできたからこそ、今の’47があり、これからの’47が作られていくのです。
家族というものの計り知れない価値、そして純粋な人間関係を大切に歩んできた’47は、ファンの信頼を集め、スポーツとライフスタイルを融合させたブランドへと成長していきました。

未来は自らの手で創る

大いなる努力、妥当な直感、燃える情熱によって進み続けてきた’47。
私達は常に初心を忘れることはありません。
これからも「家族」の存在を重んじ、創業者であるアーサーとヘンリーから受け継がれている「情熱」をもって、前進していきます。

──未来は自らの手で創る──