【公式】47Brand(フォーティーセブン)

'47(フォーティー・セブン)は創業70周年を迎えました。

創業当初からの逸話を、創業一族であるディアンジェロファミリーのナレーションと共にアニメーションでまとめました。
偽りのない、正直で情熱的な家族の物語。

1947

CHAPTER 1: ハッスル

イタリアからアメリカへ渡ってきたアーサーとヘンリーという双子の少年が最初に覚えた英語は、2セント。
ボストンに移り住み、地域コミュニティに絶大な人気を誇るレッドソックスのお膝元で野球グッズを販売するようになったのは、二人が若干12歳の時である。
ここから'47のビジネスがスタートする。

1967

CHAPTER 2: 家族

普通であれば、人々は「教育」をクラスルームにて受けるが、ディアンジェロ一族の「教育」「授業」は常にウェンウェイパークと共にあった。野球という競技がそうさせるよう、フェンウェイパークでの家族経営は、アーサーの4人の息子達(現在の共同経営者達)に、数多くの教訓を与えた。

2004

CHAPTER 3: 情熱

1947年から続く不変の情熱は今もなお、ブランドの一つの文化として、一人一人に根付いている。4人の息子達が家業を継ぎ、第二次創業期に入った'47は、今もなお創業のルーツ、歴史的な背景を大事にしている。そこには、ファミリーである価値、嘘偽りのない純粋な人間関係に重きを置き、「未来は自らの手で創る」という創業時から続くシンプルな想いも込められている。

OUR FAMILY THEN